10期授業レポート~ネクストクラス、ある日の実習

京都写真教室Tractがある京都では、先日、五山の送り火が終わり夏の終わりを感じている田中です。こんにちは。

夏の終わりを感じてると言ってもまだまだ残暑を感じる今日この頃。

そんな中、ネクスト1組の今回の授業は実習でした。

ネクストクラスでは、「実習」の回+「講評」の2回の授業をセットとし、授業中に皆で決めたテーマ(ポートレート、建物写真、商品撮影などなど)の授業を行います。

今回は最後の実習。

実習といってもこの季節はカメラを持って歩くのは暑すぎる!ということで、今回の実習は屋内!建物写真を撮ろうということで、「佐川美術館」にまいりました。

敷地内に入ると、揺らめく水面に囲われ特徴的な屋根を持った外観が現れ「建物萌え」。まず皆さん、定番構図撮りたくなりますよね~。先生曰く、「広角のレンズもあった方が幅が広がるね」、とのこと。

建物内に入っても使われている素材も面白いし、光の入り方や窓からの景色も面白い。生徒さん達も各々思い思いの所にカメラを向けて撮影をしており、楽しそうです。

途中で先生の「建物写真を撮るときに意識すると良いこと」などのレクチャーも行われ、

時間はあっという間に流れ、わいわい楽しくランチをした後は、

素敵な空間でまた各々撮影したり、展示を見たり。

 

建物の隅から隅まで満喫して実習は終わりました。

 

さて、ネクスト1組は、今期の授業は残すところ10月に行われる「合同講評会」のみになりました。

が、10月まではまだ少し時間があるので、数回の補講や宴会、お楽しみ会的なものなど色々企画があるみたいですよ。楽しそう!

まだまだ、10期は終わりませんね☆

 

では、またお会いしましょう。