【第6期講座レポ⑦】♯3写真表現クラス/エイムクラス

【第6期講座レポ⑦】♯3写真表現クラス/エイムクラス

こんにちは~。
さて、今回のトラクトブログは、
この頃SNS等にアップされた皆さんの紫陽花写真を見ながら部屋の中で紫陽花観賞に出かけた気分に心がホクホクになってるTA田中絢がお送りいたします。

先日行われた写真表現クラスとエイムクラスの三回目の授業のレポートです。

[写真表現クラス 講師:大江孝明先生]

1回目の授業で「ハタキ」を渡され隣の席の生徒さんをモデルとして撮影し、
ハタキ彼or彼女を表現する」という課題が与えられた写真表現クラスの皆さん。

2回目の京都府植物園での撮影会でハタキを持ちながら撮りあうという一見不思議な光景が見られました(笑)

IMG_8126

さて3回目の授業の今回は、前回の授業で撮影した写真の発表会でした。
「どういう想いでこの写真を撮ったのか、どういう表現が込められているのか」を発表されながら並べられる写真達。
IMG_8322

ハタキを

ベンチで横に置き彼の「奥さんを大事にしている日々」を表現したり、
ホの先を丸くして友達が多い彼女の「友達の輪」として表現したり、
前ボケ」に使って彼女のミステリアスな雰囲気を表現したり、
と各自全く違った表現で「ハタキで彼or彼女を表現」されている写真達がとても素敵で面白くてお互い勉強になったのではないでしょうか。

 

相手を理解すること」「それをその人ではない別のものを使って表現してみること」で、自然と相手の雰囲気を表現できた写真になり、またそこに撮影者自身の写真の色も加わり、ますます独特で自分らしく相手を表現出来るのだという事を実感出来た授業でした。

IMG_8346

さて、次回は、撮影会。
「ハタキ彼or彼女で表現する」という課題が追加された皆さんは早速、
「ハタキっていったいどんな特徴を持ってるの?」と悩みだしておられました!
次の撮影会が楽しみです。もしかしたら近日、関西のどこかでハタキをもった集団に出会えるかもしれませんよ?!

IMG_8328_1

 

[エイムクラス 講師:松村シナ先生]

ところ変わって、お昼からは、大阪某撮影スタジオにお邪魔しました。
ここでは、いつもの京都の教室を飛び出したエイムクラスの授業が行われておりました。

というのは今期エイムクラスでは、

映画のパンフレットを作成しよう」という課題が発表されており、
皆さんは自ら映画のストーリーテーマを作り出し、それに沿った写真を撮影していきます。
そこで、ロケ先やスタジオでのポートレート(人物撮影)小物撮影は必要不可欠なのです!

ポートレートを撮るということに苦手意識を抱いている生徒さんも多いようで先生にコツや撮り方を確認しながら
お互い声をかけてモデルになったり撮影したり、
誰かがモデルとしてポーズをとると周りの皆が集まってきてワーッと撮影しあうという楽しそうな光景が広がっていました。

IMG_8370

途中では恒例の集合写真撮影を挟みつつ、

(牢の中のような一角もあるスタジオでした!)

img1

Photo by松村 シナ先生 

そして、小物撮影の被写体はプチケーキのお菓子!
このケーキをより可愛らしく撮影しよう~。

ということで、
小物撮影時のポイント説明があり、
先生は光がきれいに入る窓際にお菓子のお皿を置いたかと思えば、
スタジオにある一見何でもない小物をまるで魔法のようにささっとセンス良く配置し、
(配置の仕方にもポイントがあるんですって!詳しく知りたい方はシナ先生までこそっとお尋ねください。)

IMG_8407
お菓子のポストカードかのようなトキメク写真が出来上がりました!

img2

Photo by松村 シナ先生 

 

その後も皆さんいっぱい集中してポートレート撮影や小物撮影をされていて(すごく写真欲が沸くスタジオでした!)

IMG_8440_1

(皆さんを優しく見守る先生)

IMG_8429

 

IMG_8422

その後、皆さん気づけばお腹がすいてきた!ということで、

近所に買出しに行った後はホームパーティー風お食事会が催され、

写真欲・食欲ともにいっぱいになり帰路に着いたのでした。

IMG_8461

以上で写真表現クラスとエイムクラスの♯3の授業レポートは終わりです。
部屋に差し込む梅雨の季節の優しい光を味方につけ楽しんで撮影されている受講生の皆さんが印象的でした。

 

 

6期もこの後も通常講座だけでなく、特別講座やワークショップ等イベントが続きます。
気になるクラスやイベントがございましたらご気軽にお問い合わせください。
また、受講生の皆さんはスタンプカードを利用して
他クラスの授業に参加出来ますので是非他クラスにも潜りこんでくださいね~。