石川先生にきいてみました!

石川先生にきいてみました!

夏がはじまりました! アシスタントのトミタです。

わたしも、この日が初対面!
新しく講師として初級、中級を担当いただいている石川先生に、プチなインタビューをしてみました!


講評風景

ー 講座も半ばを過ぎたと思いますが、トラクトの講師をされてみて、
何か思われたことはありますか?

みなさん、もとから写真がうまいですよね(笑)。
それはデジカメってこともあるんでしょうが、そもそも写真を撮り慣れている。

講評をしていると、いろいろ気づかされることも多いです。
逆に、こんなに撮れるのに、意外なところで初歩的と思える質問もあったりして驚くこともあります。

でも、同じように一緒にカメラを楽しんだり、勉強できる環境、機会があるのって、うらやましいなぁ、と思います。

あじさい

 

ー 石川先生が、はじめて「写真」にふれたのはいつですか?

兄がカメラを持ってて、カッコイイな〜とは、思ってて、、。
授業で、写真を勉強する機会があって、写真撮るのって面白いと思って興味を持ちました。

初めて買ったのは、Nikon New FM2というフィルムカメラ。
そのころは、楽しいけど、シャッター押せば撮れるって、写真ってカンタンだな、とも思ってましたね(笑)。

 

ー 現在はどんなカメラは使っていますか?

今は仕事では CANON 5D MarkⅢを使っています。
仕事以外ではフィルムカメラを使うことが多いですね。

 

ー 撮影での失敗談はありますか?

昔、カメラマンの仕事で、結婚式撮影のアシスタントで入ってたんですが、新郎新婦、親族の方々に並んでいただいて集合写真を撮るとき、先輩カメラマンが撮ろうとしたら、撮影カメラにフィルムが入ってなくて、、。
みなさんが撮影のために並んでいる状態で、先輩にしかられたことかな(笑)。

 

講評風景

ー 心に残る写真作品とか、写真集とかありますか?

大判モノクロのポートレートをまとめた鬼海弘雄さんの「PERSONA(ペルソナ)」という写真集がとても好きです。

カメラって、押せば撮れると言いましたけど、ーーー 例えば、親ごさんがお子さんを撮った写真に勝るものはないんじゃないかなって、 ーーー 人を写すならそんな写真を撮りたいなぁ、けど、むずかしいなぁ、と。
そういった写真はまだ数枚しか、のこせていないですね。

最近では、奥山淳志さんの「弁造 Benzo」という写真集、これも人物にフォーカスしたものなんですが、とても良かったですよ。

 

ー なにか趣味はありますか?

ああ、独学でピアノをおぼえてます(笑)。

まだ一曲だけですけど、「戦場のメリークリスマス」を少しずつ覚えてて、、ベタですが、適度にむずかしく、ヒキもあるそうなので(笑)。
人生はまだまだ長いし、ちょっとずつ覚えていければ、と思ってます。

 

ー またトラクトでも、機会があればピアノひいていただけますよね?

ひきません(笑)!


 

石川先生

とても気さくで、優しい笑顔、語り口の石川先生でした!